横浜市港南区 相続・遺言・建設業許可の長岡行政書士事務所

souzoku045.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:代表者紹介( 2 )

長岡真也が法律家になったワケ① ~初めて法に触れた瞬間~

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら↓

長岡事務所にメールでのお問い合わせをする



当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイトはこちら!


是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。




こんにちは!


みなとの街横浜港南区上大岡相続・遺言、会社設立・起業支援をやっている行政書士の長岡しんやです。







今日は久々の雨ですね~やはり雨の日は気分が落ちますが、テンションを上げていかないといけないですね・・・。




花の土曜日ですから(^O^)




ただし、自営業は関係ありません(>_<)





さて本日は、私の歴史を書きたいと思います。





って言っても、誰も興味ないかもしれませんが・・・





私は実はいうと、行政書士で法律家ではありますが・・・




法学部出身ではありません。





それどころか、大学すら行ってないのですね。




高校は工業高校でした。




そんな私がなぜ法律家になれたのか?





興味ないかもしれませんがお付き合いくださいm(__)m




もともと、小さいころから社会の歴史や政治が好きだったんですね。





だから、勉強をしなくてもやたらと社会については点数が良かったんです。





ですし、好きだったので読めば読むほど頭に入っていきました。




ただ・・・やはりほかのテストの点数はめっきりでしたが(>_<)




そんなこんなして、高校に上がりました。





その当時の世界状況といえば、アメリカがアフガンに侵攻していた時でした。





今みたいに「憲法解釈」が話題になっていました。




はたして憲法上、戦争のための補給をしたりするのはいいのか?とか




「集団的自衛権」の問題など・・・


憲法を拡大解釈しているんですよね。




まあその是か非かは置いといて。




そうその時に憲法ってなんだろうって思い、はらたいらさんが書いていた憲法の漫画で分かる本を買ったんですよね。





それが面白くて、面白くてかなり読み込んだのを憶えています。



そんな感じで、その当時一番注目されてたのが「憲法9条」でした!





で・・・、高校のお話しに戻りますと、その当時の数学の教師が、テストの時に「数学の問題自体が分からないのであれば裏に何か面白い事を書けば点数をつけるよ」との事でした。





そこで私は、その当時話題になっていた「憲法9条」の条文を丸暗記して書いたんですね。



でその下に、9条に関する私の意見みたいのを書いたらなんと、「30点」をつけてくれたんですね!!


粋な先生ですよね!



「すごいな!お前」って喜んでました。








そうそう、これが公に法に触れた瞬間でした!




人生って意外なところで変わっていくもんですよね。





それからは、少し時を経ましたが20代半ばになって行政書士の勉強を始めたわけです。




で・・・今に至ると。





いつまでもこの時の思い出って今でも蘇ってきます。




本当に人生何があるか分からない、だから絶対に何があっても諦めてはいけないんですね。




ざっくりとした感じでしたがこういうなれ初め?がありました。





今日はこんな感じです。





今日と明日も皆様が笑顔でいられますように・・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-05-11 19:11 | 代表者紹介 | Comments(0)

代表者の長岡真也です。

このたびは当事務所ブログを拝見していただき誠にありがとうございます。



皆様に少しでも知っていただければと思い、長岡行政書士事務所の代表である私のご挨拶とさせていただきます。



横浜で一番の「ホスピタリティ」のある事務所目指して!


 私は横浜で生まれ、横浜で育ち、そしてこの大好きな横浜で事務所を開設することになりました。

高校を卒業後、水道の修理工事会社に就職して現場作業員としてお客様と最前線で対話を通じお客様の笑顔になっていただけることにやりがいを感じていました。

そして、23歳の時に父親が58歳で他界した際に,何も相続の知識もなく不安でいっぱいだったのを憶えてます。そんな経験から依頼人の話を誠実に聞き、悲しみに暮れる心に温かく寄り添う行政書士を目指したいと考えるようになりました。会社勤めをしながらの猛勉強の末どうにか合格することができました。

全くの畑違いの職場でしたが、お客様が「困りごと」をかかえ、それを解決してお客様が「笑顔」になる事には職種は関係ありません。

色々な経験をしてきた私だからこそお客様に寄り添い、お客様の気持ちを汲み取ることができると自負しております。

最後まで責任をもって全力でサポート致しますので、よろしくお願い致します。


メールでのお問い合わせはこちら↓

長岡事務所にメールでのお問い合わせをする



当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイトはこちら!
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-01-13 10:57 | 代表者紹介 | Comments(0)