「ほっ」と。キャンペーン

横浜市港南区 相続・遺言・建設業許可の長岡行政書士事務所

souzoku045.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:起業の事( 1 )

『起業』について 〜起業の講師編〜

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願い


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら!!

当事務所のサイト
是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。




こんにちは。



みなとの街横浜、港南区上大岡で相続・遺言、外国人VISA、会社設立をやっている行政書士の長岡真也です。




さて、先日は横浜で中小企業様の組合において起業の事を私が講師としてお話ししてきました。



こういった『場』に呼んでいただけるのはスゴく嬉しい事ですね。




色々な業種の方々集まりました。




ネイルの経営者や、ジュエリーの販売者、建設会社の社長などなど、皆様の前でお話しさせていただきました。





なかでもやはり社長様方に興味があったのが『資金繰り』についてでした。





ビジネスにおいて資金繰りほど大事な事はないと思います。






仮に売り上げが上がっていても、お金を回収できなければ仕入れの費用などを支払う事が出来ません。



その月の仕入れや経費が払えない為に倒産する事だってありえるのです。




俗に言う『黒字倒産』ですね。



それほど資金は大事なものなのです。




私達士業は仕入れがほとんどありませんのでこういった事は少ないとは思いますが、つい先日に行政書士法人で初の破産開始決定がされました。



このように、『どんな事業であっても資金は大事』な事が分かります。



もちろん、他の業種に比べて士業はリスクが低いとは言えますが。




そして、新規開業者ほど資金を軽んじる傾向が高いのではないかと思います。



統計によると『創業当初100組の事業者がいたとしたら、10年後には10組しか残ってない』という現実があります。



つまり、ほとんどの事業者が上手くいってないという事でしょう。





そこで、資金繰りの中でも融資が重要なのかなと思います。



融資を受ける理由はさまざまだとは思いますが、『うちでも融資を受けれるのだろうか?』と思われてる事業者様が多くいると思います。




たとえば、創業前や創業間もない事業者様が受けれるような融資も制度としてあります。



こういった、制度を知らないと融資を受けたくても受ける事が出来ないのが現状です。




当事務所はこういったサポートもしておりますので、『本気で相談したい!』『本気で成功したい!』方のご連絡をお待ちしております。



今後このテーマについても記事を書きたいと思います。




本日は最後までお読みいただきありがとうございます。




皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-17 14:12 | 起業の事 | Comments(0)