横浜市港南区 相続・遺言・建設業許可の長岡行政書士事務所

souzoku045.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お問い合わせ( 5 )

ブログ移転のお知らせ

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら↓

長岡事務所にメールでのお問い合わせをする

当事務所HPはこちら↓

長岡行政書士事務所のHPはこちら


相続・遺言サイトはこちら!


行政書士長岡の個人ブログもよろしくお願いします



皆様お久しぶりです。



行政書士の長岡です。



放置気味のブログでしたが、このたびブログ機能を移転することになりました。

これからは、新HPと一緒になり、より一層の皆様の利便に資することが出来る事をお知らせ申し上げます。

あまり記事を書けませんでしたが、これからも移転先のブログでお待ちしております。


移転先のブログはこちら!



年末にはなりましたが、どうぞよきお年を迎えてください。


今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


行政書士 長岡
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-12-27 10:14 | お問い合わせ | Comments(0)

遺言の基本的な事「遺言を実行する人を選任する必要」

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら↓

長岡事務所にメールでのお問い合わせをする

当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイトはこちら!


相続・遺言サイトはこちら!


行政書士長岡の個人ブログもよろしくお願いします





おはようございます!




横浜上大岡で相続・遺言を専門でやっている行政書士の長岡です。





すっかり季節は夏から秋に変わって来ていますね。




最近はめっきり太陽が影をひそめ、洗濯物が干せない日々が続いております。




そろそろしなければいけませんね、冬支度。






さて、本日は遺言の基本的な事「遺言を実行する人を選任する必要性」についてお話しします。



そもそも、遺言を実行する人の事を「遺言執行者」と呼びます。


(遺言執行者の権利義務)


第1012条 遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。

上記のように民法では定めています。



つまり遺言執行者とは
遺言者の死亡後、遺言の内容を実現するために必要な行為を行う者の事を言います。遺言書の内容に沿って、相続財産を管理して、金融機関の名義変更や財産の各種手続きを行います。



この遺言執行者は、遺言で指定するか遺言で指定されていないときは利害関係人の請求により家庭裁判所が選任することになっています。


但し、誰でもなれるわけではなくて、以下の者はなることは出来ません。
・未成年者
・破産者


この制度は人の財産を管理して、執行したりする制度なので特に適正にできる人物が望ましいので、未成年や破産者などはなることは出来ません。


また、遺言執行者は相続人でもなることが出来ますが、他の相続人と利害関係が複雑に絡み合う事が多く、、迅速に手続きが進まない可能性がありますので、第三者の行政書士などの専門家にお願いした方がいいでしょう。




どういった時に必要なのかといいますと



●相続人が多く住所もバラバラな場合

●遺言で遺贈する場合

●相続人同士があまり仲が良くない場合

・・・などなど



遺言書だけを作っても、不動産屋各種名義変更する時は相続人全員の記名捺印が必要な場合があります。


その際に、遺言により相続する財産が少ない相続人が記名捺印等をなかなかしてくれない場合も考えられます。


1人でも協力してくれなければ、相続手続きは終わる事が無いのです。




そういった時に、遺言執行者を指定しておけば相続人の代理人として遺言執行者の権限で手続きをすることが出来ます。



そのために、遺言書を作る際は遺言執行者を指定することが多いいのです。



行政書士や弁護士などの専門家に依頼する時は費用が発生しますが、手続き上法律の知識が必要となる場合も多いので任せておいた方がいいでしょう。



このようなことから、遺言書をつくるときは遺言執行者の指定を忘れずにすることを心がけるといいと思います。





本日はここまでです。




皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-10-04 10:45 | お問い合わせ | Comments(0)

士業・経営者 「S59年会」 開催しました! 

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら↓

長岡事務所にメールでのお問い合わせをする



当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイトはこちら!


是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。




こんばんは~!




みなとの街横浜港南区上大岡で、相続・遺言、起業支援をやっている行政書士の長岡です。





今日は暑いですね~!



いよいよ夏の到来かと思いました(*_*)




さて、先日に少しお話しした「S59年会」開催しました!





これは、同年代で普段集まる事って少ないよね~って同業の同年代の方と話してたことがきっかけで始まりました!




なんと今回で3回目となりました。




第一回目の様子はこちら

e0309502_14562943.jpg


この時は6人からスタートしました!


第2回目の様子はこちら!

e0309502_14582626.jpg



2回目は10人となりました!
徐々に増えてきましたね(*_*)

第3回目の様子はこちら!!

e0309502_1504198.jpg


なんと15人となりました!!

今回参加された方々は・・・

弁護士、司法書士、税理士、行政書士、弁理士、保険代理店の経営者、HP制作会社の方と様々となりました。


徐々にですがこのメンバー内で仕事をやりだしたりしています。



こういったメンバー同士で集まるとやはり気楽に話せるのが魅力ですね。




メチャクチャ楽しかったです!




次は夏にやりたいですね~!






ちなみに大幹事はこちら藤田麻衣子ちゃん!



もしご参加されたい!って方がいましたらお気軽にメールをいただければ次回はご連絡いたします!!





本日も最後までお読みいただきありがとうございました。





皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-06-02 15:04 | お問い合わせ | Comments(0)

えっ!その相続大丈夫!?

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。





こんばんは。





横浜市港南区上大岡で皆様の幸せをサポートするために相続・遺言、会社設立をやっている行政書士の長岡です。






さてまた更新がおろそかになっていまいました。






仕事に追われるとできなくなりますよね・・・って言い訳ですね、はい(>_<)





さて、WBCも終わりなんと桜が咲いてきましたね。





本当に日本は四季折々で心が和みますよね。






さて、最近は相続の相談が増えてきてます。






今回から相続の中でもよく聞かれる質問を紹介したいと思います。



○相続ってどういう流れで進めるの?




初めて経験される方も、まずこちらが分からないと進めようがないのではないかなと思います。






相続の簡単な流れ


被相続人が死亡


遺言書の有無
(ある場合はその内容に従って執行)





相続人の調査

(相続人の調査は、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍等を取得します、本籍が転々とされてる方は何か所もの役所に問い合わせをして戸籍等を取得する必要があります。)







財産の調査


(財産の3本柱は、現金等の預貯金、不動産、有価証券がメインになるのではないでしょうか。各金融機関に被相続人の残高を照会したり、被相続人所有の不動産の保有状況を調べます。)









相続人同士で遺産分割協議(ただし、未成年の子供がいる場合は特別代理人を選任する必要があります)









遺産分割協議書の作成









遺産分割協議書作成後










各種手続き(銀行の名義変更等、不動産の名義変更、相続税がかかる場合は相続税の申告)










相続手続き終了!!





ざっとこんな感じでしょうか。






次からは各項目で色々説明したいと思っておりますいと思いました。






戸籍の収集は文字の解読が昔の文字だったりと読み込むのが初めての方には難しいので専門家に頼った方が無難な気がします。





転籍等いっぱいしてると色々や役所に請求しなければならないので時間がかかるかもしれませんね。






それと相続にかかる相続税は相続が開始したときから10カ月以内に納めなければなりません。こちらを怠ると余計にお金を払わなければならない場合もあるわけです。


家族がトラブルにならないように事前のご相談が望ましいですが、事後のご相談でもお客様が安心して生活できるようにサポートします。



すべては最愛の家族が幸せでなければいけませんからね。



今回はここまでです。

お読みいただきありがとうございます。



明日も皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-03-24 00:37 | お問い合わせ | Comments(0)

事務所にお問い合わせをする

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら↓

長岡事務所にメールでのお問い合わせをする

当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイトはこちら!


相続・遺言サイトはこちら!


行政書士長岡の個人ブログもよろしくお願いします
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-01-13 12:59 | お問い合わせ | Comments(0)