「ほっ」と。キャンペーン

横浜市港南区 相続・遺言・建設業許可の長岡行政書士事務所

souzoku045.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いよいよ本日はUstreamの出演!

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイトはこちら!



こんにちは。








みなとの街横浜港南区上大岡で相続・遺言、会社設立をやっている行政書士の長岡しんやです。







タイトルの通り、いよいよ本日にUstreamに出演することになりました。






1.Facebookページ
こちら!





【概要】
毎週火曜日~金曜日、日替わりMCが登場して、その日のMCのやりたいことをやる公開生放送番組。

某通信講座でも有名な資格である行政書士の生態系に迫りつつ、
身近で起こりがちな、くらしのトラブルを未然に防ぐ方法を解説します。

【日時】
4月30日
17:00  スタート
18:00  終了
18:00~ 通常営業


【場所】
マルチエンタメライブ食堂 YOKOHAMA Three S


【この日のMC】
・行政書士 長岡 真也
・行政書士 湯口 文丸

【料金】
チケット代は無料
※1オーダーお願いします
※テーブルチャージ300円


是非是非ご覧になってください!


宜しくお願いします。
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-30 12:52 | 日々の出来事 | Comments(0)

えっ?その相続大丈夫!? 『遺言の有無』

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイトはこちら!


是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。




こんばんは!




みなとの街横浜、港南区上大岡で相続・遺言、外国人ビザ、会社設立をやっている行政書士のしんやです。





今日はあいにくの雨でしたね、ここ最近天気の変動が激しいので体調が崩しやすいと思いますが、皆様も健康にはくれぐれもご留意下さい。





さて、前回までの相続シリーズですが・・・



今回は・・・
◎「遺言の有無」
についてですね。




相続人が確定したら、遺言があるかどうかを調べる必要があります。




亡くなった方の最後の意思表示ですから、尊重しなければなりません。





ですが、ここがポイントなんですが、『遺言は尊重はするけど、義務ではない』という事です。




皆様は、遺言の通りにしないといけないと思ってませんか?




これは、相続人全員の同意があれば遺言の事項と違う内容で財産を分割してもいいのです。




例えば、『建物や土地を相続させる』っ記載してあっても、その方に管理する気がなかったりして、現金が必要だった場合は預貯金を他の相続人と話し合って分割してもいいですよね?





結局は優先はされるけど、強制ではないんですよね。




そう、そしてこの遺言を探す事から始める訳です。





自筆証書遺言といういわいる自分で書いた遺言がありそうな場合は、家中をくまなく探します。



もしあった場合は、勝手に開封してしまうと有効にならない恐れがありますので、その場合は家庭裁判所で検認という手続きをする事でようやく有効になります。



これは、全ての相続人立会いのもと行います。




そして、自筆証書遺言以外の遺言と言えば『公正証書遺言』というものがあります。




こちらは『公証役場』という所が保管してますので、最寄りの公証役場に遺言書があるかどうかを問い合わせます。




保管期限は、当事者が120歳ぐらいになるまで保管してると言われるのでまずなくなる事はありません。





そうして、遺言書がある場合はその内容通り進めます。また、遺言執行者が指定されている場合は遺言執行者が遺言の内容を執行します。




もしも遺言書がない場合は、相続人間の遺産分割協議で決める事になります。




今回は『遺言の有無』についてでした。




次回は『遺産分割協議』編を書きたいと思います。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。




明日も皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-24 22:49 | 相続・遺言の事 | Comments(0)

戸部にてランチ

e0309502_9561598.jpg
○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com問い合わせはこちら!

当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイト


是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。





こんにちは。





横浜市港南区上大岡で行政書士をやっている長岡真也です。






さて、本日は打ち合わせが続きます。




と、その前に現在ランチ中です。





オシャレなカフェでひと休みです!




こういった空間にいると、意外とひらめきがありますよね。





と、わたしの日常でした^ ^





本日も皆様が笑顔でいられますように・・・
e0309502_9564826.jpg

[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-22 12:19 | 日々の出来事 | Comments(0)

『内容証明郵便』 契約解除や金銭の請求

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら!!

当事務所のサイト
是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。



おはようございます。




みなとの街横浜、港南区上大岡で相続・遺言、外国人VISA、会社設立・起業支援をやっている行政書士の長岡真也です。




さて、もう4月というのにこの寒さです。



どうしたものでしょうか^^;




相変わらず私は元気ですが、皆様はくれぐれも健康にはご留意下さい。





私の事務所は上記に記載の相続や遺言、外国人VISA及び会社設立をメインにやっていますが、もちろんそれ以外の業務もご依頼いただければ喜んでお受けします。





最近なんかは、『内容証明』という書類を作成いたしました。




皆様も一回は聞いた事があると思います。




ではどういう時に使うのかと言うと、




⚪別れた夫が養育費を支払ってくれない

⚪会社が残業代を支払ってくれない

⚪訪問販売で契約したが、よく考えたら高いので契約を解除したい

⚪貸したお金がもうすぐで時効になってしまう

などなど・・・


何かしらの意思表示をしたい時に使用します。


では普通の手紙とどう違うかと言うと・・・


3通同文の内容の手紙を作り、1通は相手方、1通は自分、1通は郵便局に保管されます。



そして、その手紙の内容が郵便局の方で記録されます、そして、『配達証明』をつける事で、郵便局が相手方に確実に渡したよ!っていう証拠が残ります。




そうすると、たとえばクーリングオフみたいな期日が決まってるものに関しては、普通の手紙であれば相手方は『受け取ってないよ』と言えば証拠を立証する事は難しく、期日を過ぎてしまい解除ができなくなる場合もあります。



ですが、内容証明の場合は証拠が残りますのでそのような事がありません。



ただ、こちらは受け取った方としては、あまり気分のいいものではありませんので、場面に応じて使用されるほうがいいです。


無駄な紛争を招く事にもなりかねませんから。



以上、内容証明についてでした。



本日も皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-20 11:01 | 日常のトラブル | Comments(0)

『起業』について 〜起業の講師編〜

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願い


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら!!

当事務所のサイト
是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。




こんにちは。



みなとの街横浜、港南区上大岡で相続・遺言、外国人VISA、会社設立をやっている行政書士の長岡真也です。




さて、先日は横浜で中小企業様の組合において起業の事を私が講師としてお話ししてきました。



こういった『場』に呼んでいただけるのはスゴく嬉しい事ですね。




色々な業種の方々集まりました。




ネイルの経営者や、ジュエリーの販売者、建設会社の社長などなど、皆様の前でお話しさせていただきました。





なかでもやはり社長様方に興味があったのが『資金繰り』についてでした。





ビジネスにおいて資金繰りほど大事な事はないと思います。






仮に売り上げが上がっていても、お金を回収できなければ仕入れの費用などを支払う事が出来ません。



その月の仕入れや経費が払えない為に倒産する事だってありえるのです。




俗に言う『黒字倒産』ですね。



それほど資金は大事なものなのです。




私達士業は仕入れがほとんどありませんのでこういった事は少ないとは思いますが、つい先日に行政書士法人で初の破産開始決定がされました。



このように、『どんな事業であっても資金は大事』な事が分かります。



もちろん、他の業種に比べて士業はリスクが低いとは言えますが。




そして、新規開業者ほど資金を軽んじる傾向が高いのではないかと思います。



統計によると『創業当初100組の事業者がいたとしたら、10年後には10組しか残ってない』という現実があります。



つまり、ほとんどの事業者が上手くいってないという事でしょう。





そこで、資金繰りの中でも融資が重要なのかなと思います。



融資を受ける理由はさまざまだとは思いますが、『うちでも融資を受けれるのだろうか?』と思われてる事業者様が多くいると思います。




たとえば、創業前や創業間もない事業者様が受けれるような融資も制度としてあります。



こういった、制度を知らないと融資を受けたくても受ける事が出来ないのが現状です。




当事務所はこういったサポートもしておりますので、『本気で相談したい!』『本気で成功したい!』方のご連絡をお待ちしております。



今後このテーマについても記事を書きたいと思います。




本日は最後までお読みいただきありがとうございます。




皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-17 14:12 | 起業の事 | Comments(0)

4月30日にUstreamに出演決定

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願い


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら!!

当事務所のサイト
是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。




こんにちは。








みなとの街横浜港南区上大岡で相続・遺言、会社設立をやっている行政書士のしんやです。









さて、本日もまたお知らせか!!って思われてしまいますが告知をさせていただきます。







タイトルの通り、4月30日にUstreamに出演することになりました。




4月30日のUstream配信に関する続報です。




1.Facebookページができました。
http://www.facebook.com/events/437909386297150/


番組のタイトルは

「Dailyスリーエス~行政書士2匹 くらしの法律ラボ #22」

です。



共演者は弁理士でもある湯口先生です。




どういう感じになるかは当日になってみないと分かりませんが、行政書士と暮らしの関わり方をお話ししようかと思います。





【概要】
毎週火曜日~金曜日、日替わりMCが登場して、その日のMCのやりたいことをやる公開生放送番組。

某通信講座でも有名な資格である行政書士の生態系に迫りつつ、
身近で起こりがちな、くらしのトラブルを未然に防ぐ方法を解説します。

【日時】
4月30日
17:00  スタート
18:00  終了
18:00~ 通常営業


【場所】
マルチエンタメライブ食堂 YOKOHAMA Three S


【この日のMC】
・行政書士 長岡 真也
・行政書士 湯口 文丸

【料金】
チケット代は無料
※1オーダーお願いします
※テーブルチャージ300円



とりあえず今日は宣伝でした~。



明日も皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-12 23:27 | 日々の出来事 | Comments(0)

相続・遺言、後見 上大岡無料相談会のお知らせ

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願い


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら!!

当事務所のサイト
是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。





「終活安心サポートセンター 横浜」主催


「相続・遺言、後見 上大岡無料相談会の開催」


日時 5月29日 13~17時

相談員 行政書士 長岡真也
     行政書士 岡本祐樹


場所 港南区上大岡西1―6―1 ゆめおおかオフィスタワー (フロント4階)
名称 ウィリング横浜
電話 ご予約は045-844-5616 又は070-5556-8880まで
mail  info@office-nagaoka.comまで
相談時間 一人30分
※予約制とはなっておりませんが予約の方優先となっておりますので、あらかじめ予約をされることをお勧めします。

※特典※ ご相談された方にはあなたの「想い」を綴る終活安心サポートセンター制作のオリジナルエンディングノートをプレゼント致します。

ちまたで言われている相続・遺言、後見・・・自分の事ではないと思っていてもいつ起きるか分からない問題です。



「私が死んだ後の為に遺言書を書こうかな」

「もし、私が介護になったらどうしよう」

「私の家は財産が無いから揉めないから大丈夫」








少し前の時代はこういった話題はあまり家族の間ではすることはありませんでした。

「先の事はその時になったら考えれば・・・」

・・・と、あまり考えずに過ごしていたかもしれません。









しかし、もし本当にこういった状態が訪れた時には本当に家族だけで円満に解決することが出来るでしょうか?

 その場面になれば本人が「こうした方がいい」と決断することはできません。









「私の方が面倒を見たから・・・」「お兄ちゃんにはあげたくない・・・」








こんな状態になってしまっては家族が円満に解決できるでしょうか?

 それでも、決断をするのは家族しかないのです。






「相続」が「争族」にならないように・・・






もし、生前に本人の希望や介護が必要になった時の事が決まっていたら、家族がずっと仲良く争わず安心して暮らしていけるかもしれません。









人は必ず老い、そして最後は死を迎えます。それでも、この事実に目をそらすのではなくしっかりと受け止め考えたりすることで悔いのない人生を過ごせるのかと思います。





終活安心サポートセンター横浜ではそんなあなたの「想い」を受け止め、安心して笑顔で老後を過ごせるように全力でサポートします。



当日は込み合いますので、早めの予約をお待ちしております。



皆様がお見えになるのを心よりお待ちしております。

行政書士
長岡真也

行政書士
岡本祐樹


[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-11 21:23 | 終活安心サポートセンター | Comments(0)

私が遺言を作るなら・・・

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願い


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら!!

当事務所のサイト
是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。






みなさまこんばんは。






みなとの街横浜港南区上大岡で相続・遺言、外国人ビザ、会社設立をやっている行政書士の長岡しんやです。








さて、先日は遺言書の作成の仕事を終えてきました。






もちろん遺言でも「公正証書遺言」です。






こちらは、自分で作る「自筆証書遺言」と違って公証役場という所(法務省管轄の機関)で、公証人という元裁判官や元検事の方が同職業を退職後任命されてなるもので、この公証人が行政書士等の専門家が遺言書の起案をしたものを正式な法律文書として効力を付与するものです(ざっくりというと)






では両方のメリット・デメリットは?


自筆証書遺言はメリットとして・・・

○簡単にいつでも作れる
○費用が掛からない
など・・・

公正証書遺言のメリットは・・・

○法的に遺言自体が無効になる事はない
○公証役場が120歳ぐらいまで保管しておいてくれる
○改ざんされる恐れがすくない
など・・・

逆にデメリットは・・・

自筆証書遺言は・・・

○容易に改ざんされる恐れがある
○遺言の形式に従ってない場合は無効になる恐れがある
○開封するのに「検認」という手続きが必要
など・・・

公正証書遺言は・・・

○費用がかかる・・・
○証人が二人必要なために他のものに内容を聞かせることになる
など・・・


両方ともメリット・デメリットがありますが、その後の安心や、トラブルになるのを防ぐためには公正証書遺言をお勧めいたします。






多少費用がかかっても一生に一度の事ですから安心なほうを選んだ方がいいのかなと思います。





私が自分自身で遺言書をつくるのであればやはり「公正証書遺言」ですね。





当社は相続・遺言の相談絶賛受付中です!!




先ずは横浜市港南区上大岡の長岡行政書士事務所まで今すぐご連絡を


045-844-5616または070-5556-8880まで!




明日も皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-08 00:40 | 日々の出来事 | Comments(2)

えっ!その相続大丈夫!?『被相続人が死亡〜相続人確定まで』

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願い


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら!!

info@office-nagaoka.com

当事務所HPはこちら!!

当事務所のサイト
是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。





みなさまこんにちは。






みなとの街横浜、港南区上大岡で相続・遺言、外国人ビザ、会社設立をやりながら皆様の夢、希望、幸せをサポートしている行政書士の長岡です。





さて本日は小春日和になりました。





ようやく「春」っていう季節になりましたね。





私はこの季節・・・大好きです!


暑すぎず、寒すぎずちょうどいい気温ですね。




なんでもバランスが大事ですね!





さて、本日は前回の更新から結構あいてしまいましたが・・・



相続のお話しでしたね!






えっ!その相続大丈夫!?


「被相続人が死亡~相続人調査」








前回までは被相続人が死亡してからの期限がある手続きについてお話ししましたね。






本日は具体的に被相続人が死亡してから相続人調査についてお話ししたいと思います。


(※話しの便宜上単純承認したものとします。)




相続人の確定


まずはこちらを確認しましょう。


相続において遺産分割協議を行う前提で、まず相続人がそもそも誰なのかを知る必要があります。



1人でも相続人を欠いたまま遺産分割協議を行いますと、のちのちのトラブルにもなりかねません。




相続人は周知されてる相続人だけとは実際限りません。




故人が家族に言わなかったけど実は再婚だったり、家族には内緒で養子縁組をしてたりすることもあります。




そのために相続人の確定は慎重に行わなければなりません。





ポイント!!



1 戸籍を徹底的に調べる



被相続人の出生から死亡までをくまなく調べる必要があります。



戸籍は1家族で(親子のみで祖父母までは現在の戸籍は記載されていない)1戸籍とされております。



この戸籍は、婚姻や転籍、役所の都合での改正等により一つの戸籍では全部の情報を調べる事は出来ず、複数種類を取り寄せる必要があります。




戸籍の種類については・・・



(※戸籍の詳細は今回は省きます)

○現戸籍
現在の使用されてる戸籍の事。
現に在籍している者がおり、現在も使用されてる戸籍の事です。


○除籍
死亡や婚姻などにより誰もいなくなった戸籍の事を言います。

○改正原(ハラ)戸籍
戸籍の様式が法律や命令により改められた場合において、従前の様式を改めるために編成替えが行われます。そしてこの改正により編成された従前様式の戸籍を改正原戸籍と言います。




そして上記の戸籍等を取り寄せながら被相続人の出生から死亡までの相続人の確定を行います。



○戸籍の取り寄せについて

取り寄せについては本籍地の市区町村役場に申請して取得します。
戸籍の種類によって手数料が異なり、そちらは各自治体に問い合わせましょう。
なお、郵送でも取り寄せが出来ますので遠方の場合は有効です。

郵送の場合は封筒に申請書と定額小為替、身分証の写し等を添付して送付します。

郵送請求の仕方は詳しくは各市町村役場のHP等を参照にしてください。




ただし、戸籍等は法律文書であるために難しい文字などで読み込むのが大変だったり、どこの役所に取り寄せるのかが分からない場合があります。




専門家が請求をしても2週間~1か月ほどかかりますので、忙しい時間を考えてこの難しい手続きをするよよりかは専門家に頼んでしまった方が安心でしょう。




当社は戸籍の代行取得もやっておりますので是非ともご連絡ください!!





こうしてすべての戸籍が集まったら次は「遺言書の有無」について調べます。



こちらはまた今度お話しします。



本日もお読みいただきありがとうございます。




皆様が笑顔でいられますように・・・





相続遺言手続きならぜひ当事務所にお任せ下さい!

あなたの幸せを応援します!

当事務所HPは
http://office-nagaoka.com
宜しくお願いします。
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-04-05 12:19 | 相続・遺言の事 | Comments(0)