横浜市港南区 相続・遺言・建設業許可の長岡行政書士事務所

souzoku045.exblog.jp
ブログトップ

相続放棄について

こんにちは。



横浜市港南区上大岡で相続・遺言をやっている長岡行政書士事務所代表の長岡です。



今日はここ最近の天気と違い温かくなっますね~ただ、まだまだ寒い日が続きますので油断はできないですね。






さて今日は私は遺産分割協議書の作成、相続関係図の作成をやってから



同じ行政書士の先生と打ち合わせをして、夜からは横浜若手士業の会というものに参加してきます。






弁護士や税理士、社会保険労務士等の他士業との交流会となります。







士業の皆様でここ横浜を盛り上げていけたらなと思います。







さて先日ご相談をさせていただいた件を守秘義務に反しない限り発信したいと思います。







相続放棄に関してですが





負債超過が原因等で放棄をする方がいますが、そのあとのお話しです。






放棄をするとその方はもともと相続人ではなかったということになります。







っていう事はもし自分に子供がいてもその子共に相続権が移るという事はありません。









はじめから相続人でなかった事になるわけですから、その子供が代襲相続人になるという事わありません。







そうした場合、親が死亡したとして自分に兄弟がいた場合は兄弟に相続権が移るので、兄弟も必要に応じて相続放棄をしなければなりません。








こういう判断は難しい場合がありますので一人で決めずに行政書士等の専門家に相談された方が懸命だと思います。



あっもちろん相続放棄の手続きは行政書士は出来ませんので、提携している司法書士を紹介いたします。



今日はここまでです。







今日も皆様が笑顔でいられますように・・・








横浜の港南区上大岡の相続・遺言・外国人ビザの長岡行政書士事務所がお届けいたしました。


長岡行政書士事務所にお問い合わせは↓ 

nagaoka.gyoseioffice@gmail.comまでお気軽にご相談ください!!!  

電話045-844-5616または070-5556-8880になります。
(打ち合わせ等で出れない場合は後程連絡させていただきます)

(まずはメールでご相談ください、その後対面でのご相談となります)

初回相談無料!!
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-01-18 12:04 | 相続・遺言の事