横浜市港南区 相続・遺言・建設業許可の長岡行政書士事務所

souzoku045.exblog.jp
ブログトップ

士業の相談料について

○事務所理念

「コミニケーションを通じた業務において、お客様の夢、希望、幸せを創出する事務所であり続けたい」

○ミッション(使命) 

「1人の法律家として、1人でも多く、笑顔で満ち溢れるような社会にする事」

お客様にとって書類を作成して、許可や認可等を取得するのは、あくまでもその先にある目的を達成するための手段にすぎません。
ならばその先の目標である、夢や希望、幸せをお客様と作り、ともに成長していく事、社会が笑顔であふれるような世の中にする事、それが当事務所の何よりの願いです。


初回相談は無料 

豊富な知識で街の法律家が全力でサポートします!


お問い合わせはこちら

電話 045-844-5616 携帯 070-5556-8880(お急ぎの方は携帯にお願いします)
今すぐお電話を!!

メールでのお問い合わせはこちら↓

長岡事務所にメールでのお問い合わせをする

当事務所HPはこちら↓

当事務所のサイトはこちら!
是非ともこの熱いHPをご覧くださいませ。




皆様お久しぶりです!




みなとの街横浜港南区上大岡で、相続・遺言を専門としている行政書士の長岡真也です。




久しぶりの更新となってしまいました。




ちょこっと忙しくなるだけで、ブログを書く余裕がなくなります。




でもまた復活です^ ^





さて、本日は日常思った事を書きたいと思います。



タイトルの通り、士業の相談料について考えたいと思います。




相談料とは、その名の通り1時間相談したら⚪⚪円というものです。



でもこれ、思ったのですが・・・



『士業目線』ではないですか?




お客様の目線に立って考えてないんじゃないかと言いたいのです。




もちろん、こちらの時間を使うのだからお金をいただいて当たり前!っていう考えもあるかとは思います。



逆に言うと、お客様の時間を使ってる事も確かです。




お客様は、不安な気持ちを抑え、どういう人かも分からないのであって、なおかつ、相談をしても満足の行くものかも分からないのです。




それなのにかかわらず、相談料という形で金銭を受け取るというのは、お客様の方にリスクを取らせすぎなんじゃないかと思います。




お客様からすれば、最初のハードルが高いように思います。



士業からすれば、お金を払ってまで相談するお客様は本気でこちらに頼む用意がある。
と見てるのですね。




だから、相談料を受け取るんだと思います。




誰だって、商品を見る前にお金を払う事が決定されてれば、頼むか、頼まないかの選択肢しかなくなると思います。




私は高校卒業後、すぐに民間の企業でお客様と最前線で対話をしてきました。




そこから、この業界に入り、他の先生の元で修業を積みました。


実務は修業を積めば学べます。



だけど、お客様の気持ちというのは、士業事務所で働いてるだけでは得られないと個人的には思います。




もう少し、お客様の方にこちらから近づいていく必要があるのかなと思ったりしました。





本日は、以上となります。





皆様が笑顔でいられますように・・・
[PR]
by yokohama-souzoku | 2013-06-30 12:14 | 日々の出来事